Fancy Photo plus

#012 てふてふ






e0222616_17351741.jpg


      <撮影者:tosibo1107    撮影地:服部緑地公園>



 安西冬衛に「春」という短い短い次の一行詩があります。

 てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った。

 「韃靼はタタールの漢字表記です。暗い、まだ厳しい寒さの中の『韃靼海峡』。そこを一匹の色鮮やかな『てふてふ』が、舞うように渡って行く。
 『てふてふ』はそのとき、暗い海峡に春を告げる先駆けです。『てふてふ』という古い表記法から、目的に向かって真っ直ぐ飛びのではなく、暗く重い空気の中に美しい色彩の、もつれるような曲線を残して飛ぶ姿が浮かんできます。」(柴田翔)

 この詩の「てふてふ」をイメージして撮った早咲きチューリップです。
[PR]
by to_shi_bo | 2011-02-17 17:41 | 花・植物 | Comments(15)
Commented by al17 at 2011-02-18 00:02
「てふてふ」って確か「ちょうちょ」ですよね^^
年の離れた姉の名も「てふ」ですわ~なので
蝶子ちゃんと昔から呼んでました(笑)
本当に素敵な蝶が舞う如く 軽やかで美しい
お色のチューリップですね☆ミ
Commented by nikophoto09 at 2011-02-18 07:11
おはようございます!
この一行詩、教わったのはto_shi_boさんだったかしら?
気に入って書きとめています。

緑地公園ではもうチューリップが咲きだしたのですね。
淡く砂糖菓子のような甘い撮り方が早春の喜びを感じます。
あらっ、タグも早春になっていますね!
ピッタリです!
蝶々も誘われてやってくるでしょうね!!
Commented at 2011-02-18 07:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 09:36
★鍵コメ(at 2011-02-18 07:15) さんへ

毎朝塚口駅へ用事で行きますが、このニュースを知らずに今日
も出かけて大混雑に巻き込まれました。
深夜、雨がひどく降っていたのに、ものの見事に燃え尽きてい
ました。
この市場の出入り口によく利用するたこ焼き屋さんあったので
すが、残念ながら全焼でした~~~。
お見舞い有り難う御座いました。

Commented by mariko789 at 2011-02-18 10:00
おはようございます♪

清楚な色気を感じる色彩、そして形。
ぼかしたような薄いトーンが可憐さをいや増しています。
とし坊さんの腕が冴えた一枚では?

  「暗く重い空気の中に美しい色彩の、もつれるような曲線を残して飛ぶ姿が浮かんできます。」(柴田翔)

この文章にもぴったりです。
どこか、草城の俳句にも通じる感性と思えるのは、私の気のせい?

Commented by かさご at 2011-02-18 14:59 x
こんにちは みごとに生き生きとした捉え方です。やわらかな光を素直に真剣に捉えてとっても美しいです、コントラストも補正もみごとです、

上手い 
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 18:37
★al17さんへ

仰るとおり「てふてふ」は「ちょうちょう」を歴史的仮名遣いで表記しているんです。
『けふてふてふが・・・』なんて表記を古~い書にはよく見られます。「今日、蝶蝶
が・・・」ですね。

お姉さんの名前が「てふ」さんですか。付けられた当時は違和感がなかったので
しょうね。これからこの名前を流行らせましょうか~~~(笑

チューリップの画像、お気に召しましたか?そうであればとっても嬉しいです。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 18:39
★nikophoto09さんへ

恐らく僕のブログのどこかでこの安西冬衛の詩を見たんではないでしょうか。
この詩は俳句のごとく短く、内在しているロマンが好きで、あちこちで紹介し
ています。
詩の時期は早春ですね。ちょうど今頃の韃靼海峡を想像してシャッターを切り
ました。
実際、韃靼海峡はどこを指すのかで話題を撒いた詩なんですが、満州方面へ
出兵していた安西冬衛が遠き祖国に思いを馳せている心境とも受け取れる詩
の内容です。

今年の初蝶を早く見たいですね。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 18:41
★mariko789さんへ

写真撮影でカメラマンの自己心象を画像に溶け込ませるのは難しいですね。
撮影テクには限りがありませんね。to_shi_boはすぐに馴染むんですがすぐ
に飽きてしまうという習癖がありますので、人生で随分損をしてきました。
>とし坊さんの腕が冴えた一枚では?
って、本気で言っていますか?末尾の「?」が曲者です・・・(笑

草城俳句は初期、中期、後期と分類するとそれぞれに特徴を見いだす
ことができます。初期の作品で
・うつくしきひとを見かけぬ春浅き
・くちびるをゆるさぬひとや春寒き
この感覚に近いかも、ですね。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 18:42
★かさごさんへ

画像が全体的にハイキーになるように気をつけて撮りました。コントラスト
は思い切って抑えました。いつもの画像とは正反対になってしまいましたね。

>上手い
・・・これはこれは嬉しい言葉を頂きました。今後もいろいろ挑戦しま~す。
Commented by 瑠璃 at 2011-02-18 19:52 x
昨夜は こちらも ひどい雨がふりました。
きっと 雨も春を運んでいるのでしょう。

写真は まさに早春色ですね。
春はもうすぐですね。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-18 21:28
★瑠璃さんへ

こちらも強い風雨でした。
にも関わらず最寄り駅周辺で大きな火災がありましたよ~~~。

本当の春が、ちらっと顔をのぞかせては又隠れます。
今、とっても寒いです!!!
Commented at 2011-02-19 12:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by to_shi_bo at 2011-02-19 14:22
★鍵コメさんへ

了解です。
「2」にしました。これで様子を知らせて下さい!
Commented at 2011-02-19 15:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。