Fancy Photo plus

#065 花菖蒲・俳句

     <滝紅葉>
e0222616_14165968.jpg



<撮影地:京都府立植物園>












e0222616_1151922.jpg

<句:toshibo    書:ひろ美>






    薄衣の京のうつほや花菖蒲   toshibo1107

        (うすぎぬの きょうのうつほや/はなしょうぶ)
         うつほ=空
[PR]
by to_shi_bo | 2011-06-23 00:00 | 花・植物 | Comments(18)
Commented by moon666 at 2011-06-23 04:45 x
おはようございます(^^♪
素敵な句と書ですね・・
大人・・と言う感じがします。いいですね。
Commented by ccrkasago at 2011-06-23 09:23
おはようございます モザイク模様の菖蒲の花は大好きです、奇麗ですよね、神秘的な美しさがありますね、

日本画のような美しく静かな佇まいの写真ですね、
Commented by al17 at 2011-06-23 11:21
とし坊さん こんにちは~^^

うわっ!!凄い素敵な花菖蒲に格調高いお句ですね~
とし坊さんは 書も嗜まれていらっしゃるのですか?
もう尊敬しちゃいます。
Commented by mariko789 at 2011-06-23 13:10
こんにちは!

<滝紅葉>という名前の花菖蒲なのですね
平安時代のお姫さまの衣のようです♪
正統派のお花は正統派に撮ると。。

 >薄衣の京のうつほや花菖蒲   toshibo1107

1107とは???
いつもながら、ひろ美さんの流麗な文字にも、ときめきました♪
「うつほ」とは?と検索してみましたら、

1)上衣だけで、下に重ねて着る衣服のないこと。
2)中がからであること。からっぽのもの。

艶めいたお句ですね♪
後朝の姫君を彷彿です。
素敵~~~♥♡♥
Commented by 瑠璃 at 2011-06-23 17:03 x
こんにちは 美濃は蒸し暑い日になりました。

珍しい菖蒲でしょうか 初めてみました。

この句を拝見して

源氏の空蝉の段を 思いだしておりました。

薄衣 素敵な言葉を又一つ 教えていただきました。ありがとうございます。










Commented by ひっち at 2011-06-23 18:25 x
こんにちは、
滝紅葉という名の花菖蒲でしょうか、雅だな~って思ったら、やはり京都で写されたお写真ですね、姿といい模様の具合といい美しいですね。
>薄衣の京のうつほや花菖蒲
御句も京都の花菖蒲の句に相応しい雅で素敵な句です。
うつぼ=空のことを言うのですね、素敵な言葉、また一つ覚えました。
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:09
★moon666さん、コメント有り難う御座います!

俳句を久しぶりに作りました~~~(笑
”大人”・・・有り難う御座います。
ちょっと大人になり過ぎていますが~~~(笑
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:09
★ccrkasagoさん、コメント有り難う御座います!

菖蒲の花にも色々な名前が付けられています。
一括りで”菖蒲”という訳にいきませんね。

”日本画”と評して頂いて光栄です。
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:11
★al17さん、コメント有り難う御座います!

花菖蒲を沢山撮りましたが、ブログに使えるものがなく、大弱りです~~~(笑

なんと、なんと・・・あきさんに”格調高い句”と褒められて、今後無粋な句を作れなく
なるではないですか(泣
”書”はひろ美さんが得意とされていますので、雰囲気のある句ができた時に揮毫をお願
いしています。
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:12
★mariko789ちゃん、コメント有り難う御座います!

花菖蒲の名前を現地で確認するのを忘れていました。
この植物園へ月に2,3度は撮影に行かれるブロガーさんに教えて頂きました。

”1107”・・・特段の意味ナシ。敢えて言うならキーワード???

ひろ美さんの揮毫にマッチできる句ができれば一筆書いて頂いています。

「うつほ」・・・そうですか?僕は全く無知なもんで”空”としか覚えていません。
なるほど、そんな意味があるならばもうチョイ捻ればよかったねぇ!

”後朝の姫君”なんて、そんな解釈・・・素敵~~~♥♡♥
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:13
★瑠璃さん、コメント有り難う御座います!

いや~、こちらも蒸し暑い一日でした。
ちょっと動けば汗が噴き出しますよ~~~!

瑠璃さん”源氏物語”は詳しいですから・・・
この句からそんなことを想像して頂いて感謝!
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 20:14
★ひっちさん、コメント有り難う御座います!

”滝紅葉”と言うらしいです。
そう言われれば成る程・・・っと納得です。

句まで褒めて頂いて恐縮至極に御座いまする。
たまに作句すると、とんでもない方向へ飛躍してしまいます。
”うつほ”または”うつお”という空を意味する古語ですね。
でも、↑のmarikoちゃんの説明ではとんでもない意味があってビックリです。
Commented at 2011-06-23 20:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by to_shi_bo at 2011-06-23 21:30
★鍵コメさん、コメント有り難う御座います!

う~~~~ん、
え~~~~ん、
・・・・・その通り!
Commented by 桜姫 at 2011-06-24 02:38 x
 < 薄衣の京のうつほや花菖蒲

瑠璃様の様に「さ」も「薄衣・京・うつほ」と言うワードから
「空蝉」を想像しました! 素敵なお句ですね♪
しかし、お写真の方は紫の色目が濃いし、柄がモダンなので
「空蝉」さんとは・・・??
勝手に空蝉さんと限定してはいけない!(逃げろ!(爆)
Commented by 楽子 at 2011-06-24 10:46 x
to_shi_boさん、こんちゃ~
毎日暑い日が続いていますね!

京都では見れなかったからというわけではありませんが、先週家族で菖蒲園に行ってきました~

後日、別館にてアップしますね~
当方、植物園の写俳は最終回となりました(爆)
Commented by to_shi_bo at 2011-06-24 10:53
★桜姫さん、コメント有り難う御座います!

源氏物語の「空蝉」から、現実の虚しい生活空間が広がります。
それはそうと、光源氏と空蝉は結局どうなったんですか???

こんな深夜に起きていてPC触っているとは・・・節電にならん!!
Commented by to_shi_bo at 2011-06-24 12:19
★楽子ちゃん、コメント有り難う御座います!

京都の菖蒲は終盤間近という感じで、いい花びらを見つけるのに苦労しました。
そちらの花菖蒲は梅雨にもなって最高でしたでしょう!

また、別館を覗きにいきま~す。