Fancy Photo plus

赤き実・俳句



      (1)ハナミズキの実
e0222616_176683.jpg







      (2)クロガネモチの実
e0222616_1763259.jpg






     赤き実の一房雪は彼方より   圖子まり絵

       (あかきみのひとふさ ゆきはかなたより)


 雪の季節の「赤き実」とは一体何か・・・例えばセンリョウとかマンリョウとか、或いはヤブコウジ(ジュウリョウ)あたりか、と考えたりする。目を閉じてゆったりとこの句の情景を思い浮かべていると、ふいにこの「赤き実の一房」がまり絵自身に置換わる。そうだ、彼女の出生の地は富山。下五の「彼方より」は富山を指している・・・などと勝手な思いを巡らしてしまう。読み手の胸中をポンと人差し指で突いて揺らしめる、そんな作品を呈するのがまり絵なのである。「彼方より」をどう読むかは種々あろうが「赤き実」を女性のときめく心と解すれば、遙か昔の男性のロマンに満ちた吐息が雪に変身して届いたと読めぬことは無い。
(註)句の解釈で俳誌「暁」(2号)よりto_shi_bo記載の一部を転用しています。
[PR]
by to_shi_bo | 2012-12-23 00:00 | 花・植物 | Comments(10)
Commented by keiko at 2012-12-23 09:04 x
お早うございます。

俳句 毎回読み逃げしております。<m(__)m>
身辺が慌ただしいのですが なんとか続けています。

今回の解釈 とても勉強になりました。
俳句アップされるのを 楽しみにしております。

お風邪など召しませぬ様・・・。

明後日のクリスマスイヴ 楽しい時になります様・・・。

ではまた こっそり覗かせて下さい。

Commented by to_shi_bo at 2012-12-23 12:56
★keikoさん、こんにちは!
お久し振りですね!!!
>俳句 毎回読み逃げしております。<m(__)m>
・・・そう仰らずに一行コメントでいいですから残していって下さい。
メリークリスマス♪ですね。
あっという間にクリスマス、そしてお正月が到来します。
風邪に気を付けて頑張ります。
Commented by mariko789 at 2012-12-23 13:08
赤い実。
赤い色の発色は膨張しやすく、写真の色彩の中でいちばん難しいですよね~
とくに二枚目の、自然な赤色に拍手です♪

>赤き実の一房雪は彼方より   圖子まり絵

このお句は、まり絵さんの句集「彼方より」のタイトルになったものでしょうか
(検索してみました)
まり絵さんの他の作品も幾つか読ませて頂きましたが、繊細で素適なお句の数々・・・才能豊かな方ですね~

とし坊さんの解釈は、まさにズバリと思います。
このようにズバリ読まれてしまうと・・・嬉しい中にも怖さがあるでしょうね!
Commented by 桜姫  at 2012-12-23 14:32 x
 < 赤き実の一房雪は彼方より   圖子まり絵

とし坊の素敵な解釈!に拍手♪
私だったら写生句として読み流していただろうと!(汗
今度又、雪が来るのが楽しみになって来ました♪ 感謝!感謝♪
Commented by to_shi_bo at 2012-12-23 15:40
★mariko789ちゃん、こんにちは!
確かに赤は難しいですね。赤い薔薇などを撮るのは自然と避けて
いたような気がします。
ハナミズキは旬を過ぎていました。
ウオーキングに行く並木道での作品です。東西に延びる道ですが
南側がハナミズキ、北側がクロガネモチの並木道になっています。

mariko789ちゃんの予想通り、圖子まり絵第一句集のタイトルになった
作品です。彼女は連歌もやりますし、京焼の金襴手を修得しています。
自宅に窯を持っていますから今まさに金襴手を極めたといってもいいのでは
ないでしょうか。

>とし坊さんの解釈は、まさにズバリと思います。
・・・結構好き気ままに解釈しますので作者の意向とは違うかも~~~(笑
この「彼方より」の句集評を僭越ながらto_shi_boが「暁」誌上に発表させて
頂きました。
Commented by to_shi_bo at 2012-12-23 15:41
★桜姫さん、こんにちは!
>とし坊の素敵な解釈!に拍手♪
・・・自分勝手になんの根拠もないのに想像を膨らませてしまう癖が
あるもので、終生この癖から抜け出すことが出来ないようです。
俳句の象徴性を重視しますから、そんな作品に出会うと嬉しくなるんです。
Commented by zuboratarou at 2012-12-23 21:21 x
成程。
赤い情熱的な女性と、理性的な白い男性ということですか。
深いですね。
Commented by to_shi_bo at 2012-12-24 10:46
★ zuboratarouさん、こんにちは!
的確な理解と判断、恐れ入りました。
俳句も写真と共通する部分が多いですからね。
沢山の写真家が俳句を作っておられますよ。
Commented by ccrkasago at 2012-12-26 11:50
こんにちは 

この時期にあちこちで赤い実がたくさん実って美しいですね、小鳥たちも懸命に赤い実を食べています、目立つように主張しているのでしょうね、
Commented by to_shi_bo at 2012-12-26 12:50
★ ccrkasagoさん、こんにちは!
寒いこの時期に本当に赤い実があちこちで見ることが出来ますね。
じ~っと見ていると心が温まって来る思いです。
小鳥たちにとっても絶好の餌のようですね。