Fancy Photo plus

秋茜(赤蜻蛉)・俳句



e0222616_10391611.jpg



     軽快に車椅子行く秋茜   to_shi_bo
        (けいかいに くるまいすゆく あきあかね)

 この赤とんぼは西宮市北山緑化植物園で10/10(木)に撮ったものです。チョット早すぎました。二匹の赤とんぼを発見しましたが何れも小蘭亭という建物を取り囲む池の縁で、無粋にもコンクリートの上という悪条件。真っ赤にはほど遠い体色で、これは再挑戦が必要ですね。
 車椅子の方が嬉しそうに池を覗かれていました。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-15 00:00 | 昆虫・鳥類 | Comments(8)
Commented by 桜姫 at 2013-10-15 15:12 x
 < 軽快に車椅子行く秋茜

先日転んで、幸い骨折は免れましたが、膝小僧が痛いので、
接骨院へ行って、電気を掛けて、湿布して貰って、さっき戻りました!
加齢によるヒアルロンサン不足だそうです!(汗

お写真充分に「赤色」綺麗です♪
今日も驚異的「ピント」の力強さですね♪
幾つになっても、赤とんぼを見ると童心に戻れて嬉しいですよね♪
我々世代のそう言う想いが、お句に現れていて、楽しいです♪
Commented by かさご at 2013-10-15 16:18 x
こんにちは トンボを逃げないように撮るのって楽しいですよね、
秋にトンボを眺めることができるのは楽しいですよね
いつでも挑戦はするのですが 自ら諦めてしまいます、
まずトンボの立ち寄る枝を観察して
枝になりきって撮影することからはじめなければなりません
Commented by to_shi_bo at 2013-10-15 16:49
★桜姫さん
コメントありがとうございます!

骨折しなくて良かったですね。
骨密度が低いと簡単に骨折しますから要注意です。
一度骨密度の計測をしておいた方がいいかも~~~!
男性にも骨粗しょう症がありますから、僕は先日計測しました。
結果は60歳代前半の骨密度でした~~~(自慢!

「車椅子」と「赤蜻蛉」を取り合わせました。
(実は、車椅子は池よりも遙か遠くにありました。俳句で嘘をつく癖が付いて治りません)
写真は望遠レンズを使っています。
被写界深度が浅く、ピントの合う奥行きが狭いものですから肩が凝りました。
接骨院で温湿布をしてもらいに行きます~~~(笑
Commented by to_shi_bo at 2013-10-15 16:50
★かさごさん
コメントありがとうございます!

赤蜻蛉の季節には若干早いので、探索(?)が大変でした。
考えてみれば、子供の頃の絶好の遊び相手はトンボでしたよね。
懐かしさが甦ります。

トンボは人の気配を感じて枝や葉っぱから飛び立ちますが
その殆どが又舞い戻ってきます。
じっとして待ち構えるのがコツです。
Commented by FantasyArt2 at 2013-10-15 23:41
すごくいい句ですね。
軽快に、車椅子の方がお散歩されている様子が浮かびました。
そんないい季節。トンボの赤が、目に楽しいですね。
Commented at 2013-10-16 09:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by to_shi_bo at 2013-10-16 10:13
★FantasyArt2さん
コメントありがとうございます!

>すごくいい句ですね。
・・・の一言、趣旨をご理解頂き大変ありがとうございます。

ちょっと虚構的なところがありますが赤蜻蛉と車椅子の取り合わせの為
必死で撮影しました~~~(笑
Commented by to_shi_bo at 2013-10-16 10:17
★鍵コメat 2013-10-16 09:55 さん
コメントありがとうございます!

颯爽と散策中の車椅子の方に逆に励まされる思いでした。

>ジャスピンで捉えられる腕前
・・・最近は安物でも機材がシッカリしていますから~~~!
腕前は大したことありませんよ。

僕もカメラや病気の師匠が多すぎて混乱気味です~~~(笑