Fancy Photo plus

山笑う:俳句

        山笑う俺は影法師のまんま   to_shi_bo
          (やまわらう/おれはかげぼうしのまんま)

        山笑う(季語):春山の形容。春山澹埜(たんや)にして笑うが如し。


       ユスラウメ(花言葉=郷愁)
e0222616_16113720.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-07 00:00 | その他 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://toshiboa.exblog.jp/tb/24194086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 桜姫 at 2016-03-07 09:59 x
 < 山笑う俺は影法師のまんま   

ふふふ、今日は「山笑う」繋がりですね(嬉
太陽がとし坊を照らしてなければ、影法師は出来ませぬ!
又又又又又!奥様を慕う夫の姿!
奥様が羨ましいです!
Commented by to_shi_bo at 2016-03-07 10:46
★桜姫さんへ

影法師にはしかとした表情が見られません。
影法師に男の孤独感ややるせなさを感じました。

う~ん、残念ながら又又又又又男の独り住まいの
寂しさが為せる結果を見せてしまいました~~~。
Commented by mariko789 at 2016-03-07 15:22
>山笑う俺は影法師のまんま   to_shi_bo

光と影。ちょっと自虐めいた中7下5(句またがりですが)に俳諧味があります。
お写真も、被写体と背景の対比が際立っています。
二物衝撃ですね(^_−)−☆
うちは、「夫笑う妻は影法師のまんま」です(/_;)
でもとし坊さんのご苦労を思うと、私のは甘いですね。
また♪ (^.^)/~~
Commented by to_shi_bo at 2016-03-07 16:01
★mariko789ちゃんへ

>夫笑う妻は影法師のまんま
・・・思わず吹き出してしまいました。
marikoちゃんところはこの「夫」と「妻」が
逆転している、と思っていますが~~~(笑

我が家は
息子と娘がいますが、それぞれ独立して所在が遠方。
家族がばらばらという感じです。
日々、ちょい淋しい気持ちで必死に生きています。
Commented by りん at 2016-03-09 11:53 x
定年までは常に陽のあたる場所で
生き生きと輝いてこられたのでしょうね(^-^)
家では奥様が影となり支えてくださったのでしょうか…
男一人暮らし…
ふとした瞬間に過る 寂しさや切なさ 
焦りを感じました☆
清楚な白梅の香りが漂って来そうです♪
Commented by to_shi_bo at 2016-03-09 16:19
★りんさんへ

振り返ってみますと現役時代は家庭のことは一切妻に任せて
to_shi_boは仕事に遊びにと忙しかったです。
現在、食器を洗ったり浴槽の掃除をする時、当時の妻の姿が
甦ってきます。
少々の切なさを感じつつ頑張っています。

ユスラウメは桜の花びらによく似ていますね。
まもなく桜の時期がやってきます。
気晴らしにカメラぶら下げて撮影にでも行くつもりです。