Fancy Photo plus

春兆す:俳句

        終焉の胸元に春兆すかな   to_shi_bo
          (しゅうえんの むなもとにはる きざすかな)

        画像の絵:STさん作(無念ながら友人STさんは数年前に肺がんで亡くなられました)

        関連記事→ STさん



e0222616_16241576.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2017-02-08 00:00 | その他 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://toshiboa.exblog.jp/tb/25306060
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 百合かがり at 2017-02-08 11:02 x
> 終焉の胸元に春兆すかな   to_shi_bo

STさんの絵画、胸元の紅いカットソーの色が
とし坊さんのお句に込めた心が覗えます(悲しくも素敵!)
そして、「春兆す」の言葉に拍手!

Commented by mariko789 at 2017-02-08 15:25
>終焉の胸元に春兆すかな   to_shi_bo

STさん、俳句のみならず絵もお上手だったのですね。
陰影も色使いも美しく、とっても雰囲気のある絵と思います。
もしかして自画像なのでしょうか。どこか仏像を思わせる表情です。
「胸元に春兆す」 鮮明な赤にハッとさせられます。
胸に秘めた希望を象徴されたのでしょう。
私は来世を信じています。STさんが今、別の世界で楽しく暮らしていると信じていますよ♪
こうしてとし坊さんに思い出して頂いて、STさんも微笑んでいらっしゃるでしょう♪

とし坊さん、奥様のご介護、お疲れさまです。人生、なかなか思うようには運びませんね。負けずに頑張りましょう(私も)
Commented by to_shi_bo at 2017-02-08 16:14
★百合かがりさんへ

STさんはヌード画を専門としておられましたが、ここではその発表は
控えました。
この絵の胸元を観ながらSTさんを回顧しています。
”拍手!”有難う御座います。
Commented by to_shi_bo at 2017-02-08 16:14
★mariko789ちゃんへ

STさんは同世代といえどもちょい年上の方でした。
青玄俳句会の600号記念全国大会を神戸で開催したとき
彼女も僕同様に幹事の一員でした。それをきっかけに親交が深まりました。
この絵を見ながら彼女の胸元を回顧しています。
「別の世界で楽しく暮らしている」のmarikoちゃんの一言にぐっと来ました。
僕もそう信じることにします。

正直3日間の自宅での妻の介護にへとへとです。
人生の悪戯は怖いものですね。
marikoちゃんも頑張ってね!
Commented at 2017-02-09 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 桜 姫 at 2017-02-09 11:39 x
 < 枯枝を窓枠に嵌めカプチーノ

mariko様の評で言い尽くされてると
思います♪特に「窓枠に嵌め」に拍手
お写真!右から左に流した枝の絵画的に美しいのに拍手♪
額縁に入れたのにも拍手♪

 < 終焉の胸元に春兆すかな 

STさんて、お句も、そしてこのお写真の絵も若々しくて♪(感動
とし坊のこのお句の若さにも拍手♪

夕べも夜中に送信試みたんですが!(涙
Commented by to_shi_bo at 2017-02-09 16:16
★鍵コメat 2017-02-09 11:33さんへ

了解で~す。
有難う御座います。
Commented by to_shi_bo at 2017-02-09 16:17
★桜姫さんへ

>額縁に入れたのにも拍手♪
有難う御座います。
額縁がちょい派手すぎました~~~(反省

>STさんて、お句も、そしてこのお写真の絵も若々しくて♪
その通りの人でした。
文学的・芸術的にはto_shi_boの適う相手ではなかったですよ。

コメへの送信ご迷惑を掛けているようですね。
原因が分かりません~~~(汗
Commented by seroko4320 at 2017-02-09 21:27
チラリズムの赤に、春を感じます。
良い絵ですねー
Commented by to_shi_bo at 2017-02-10 10:48
★seroko4320さんへ

早く春を感じたいですね。
しかし、この日曜日まで寒波が居座るようで無念!
>良い絵ですねー
・・・STさん、褒めて貰って喜んでいますよ。