Fancy Photo plus

梅雨曇り:俳句

        背でものを言って去りゆく 梅雨曇り   to_shi_bo
          (せでものを いってさりゆく/つゆぐもり)


e0222616_16144699.jpg


       *このひと(女)が持っている先端の白い傘がとし坊のものですが自分のと二本とも持って行ってしまった。
        「おいおい、我が輩の傘を置いていってくれよね。雨が降り出せばどうすればいいのさ!」
[PR]
by to_shi_bo | 2017-06-19 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://toshiboa.exblog.jp/tb/25846477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 桜 姫 at 2017-06-19 09:40 x
 < 背でものを言って去りゆく 梅雨曇り

ふふふ意味深ですね!いつもの芦屋夫人ですよね(^^♪
お句では、とし坊「捨てられたか」と思いましたが(汗
お写真、傘を二本持ってる!とし坊のも♬
と言う事は、縁が切れてないと言う事!
良かったですね(^^♪拍手
Commented by to_shi_bo at 2017-06-19 10:27
★桜姫さんへ

ドラマチックに作ってみました。
桜姫さんの記憶力、抜群・・・芦屋夫人を見抜かれましたか~~~(笑
「縁が切れてないと言う事」とはさすがの洞察力。
しかししかし、正直言って”縁”が切れそうな状況下にあります~~~(汗
Commented by mariko789 at 2017-06-19 14:57
>背でものを言って去りゆく 梅雨曇り   to_shi_bo

中7のあとの空白が、時の流れを感じさせます。
ああ、あれは遠い昔のことだった…と。
このときの彼女は、ちょっとご機嫌ななめ。それも好きだからこそ、ですよ。
「梅雨曇り」がしっとりと情感を醸しています。
後姿、すごく若々しくて女学生のようですよ♪

ご縁は切れそうですか。たまに電話でお話しするくらいでも、切れずにいるといいですねぇ。
Commented by to_shi_bo at 2017-06-19 15:52
★mariko789ちゃんへ

彼女は色々とアクションをかけてくれるのですが・・・
とし坊が術後極端に行動範囲が狭くなったもので駄目ですわ~~~(笑
まあ、このあたりで手を切ろうかな、いや、切れてもいいかなと思っています。
良く付き合ってくれて大いに感謝しています。
俳句作品は毎度相当けなされていますが・・・。

>後姿、すごく若々しくて女学生のようですよ♪
このブログ読んでこの言葉に彼女は上機嫌になっているのではないかな。
感謝のメールがはいってくるかも、で~す!
Commented by 百合かがり at 2017-06-20 09:53 x
>彼女は色々とアクションをかけてくれるのですが・・・
とし坊が術後極端に行動範囲が狭くなったもので駄目ですわ~~~(笑
そうだったのですか!齢を重ねるとままならずの事多いですね!
「梅雨曇り」 この季語が私には明るく響きました!

Commented by to_shi_bo at 2017-06-20 15:50
★百合かがりさんへ

そうですね、術後のへばりもありますが最近は加齢による
体力の衰えが行動範囲を極端に狭めている感じです。
今年は空梅雨かと思えば明日から雨の予報ですね。
少々降ってくれないと自然が潤いません。
とし坊は湿っぽさに弱いのでしばらくの辛抱です。
Commented at 2017-06-23 23:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by to_shi_bo at 2017-06-24 16:01
★鍵コメat 2017-06-20 15:50さんへ

わざわざのご連絡有難う!
なかなかお元気そうですね。
ひょっとするととし坊よりお元気かも・・・。
ブログも拝見してきましたよ。
負けますわ!