Fancy Photo plus

赤蜻蛉:俳句

        真向かえば瞳をとじるひと赤とんぼ   to_shi_bo(改作)
          (まむかえば めをとじるひと/あかとんぼ)

        *思い起こせば純真だったけれど赤蜻蛉のように色っ気のあるひとだったなぁ~~~



e0222616_15563883.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2017-08-21 00:00 | 昆虫・鳥類 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://toshiboa.exblog.jp/tb/25988863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 百合かがり at 2017-08-21 12:38 x
> 真向かえば瞳をとじるひと赤とんぼ   to_shi_bo(改作)

とし坊さんに、真っ直ぐに見られて思わず瞳を閉じるひと!
としぼうさんの純真な熱い心を感じてその人も(胸高鳴る思い)~想像しました。(笑い)
私達年代は皆大方、純真だったような~
言葉の力以上に(眼の力)の方が勝って居た様な~

赤蜻蛉に思いを馳せるお句に私も同じ思いです。
「赤蜻蛉」を見れば、故郷、初恋、片思い(笑い)と次々と思い出が浮かんで来ます。
こちらでも赤蜻蛉良く飛んでいます。
Commented by to_shi_bo at 2017-08-21 16:08
★百合かがりさんへ

>私達年代は皆大方、純真だったような~
・・・そうですね、青年時代の思い出ですが女性に限らず
男性も純真な人が多かったですよ~~~(笑
昔は口より目でものを言えなんてよく言われました。
(ぼくはどちらかというと目より口の方ですが・・・)

赤蜻蛉は色々と過去を思い出させてくれますね。
大変夢のある昆虫だと思います。
Commented by mariko789 at 2017-08-21 16:17
>真向かえば瞳をとじるひと赤とんぼ   to_shi_bo

まずお写真ですが、眸にぴかっと光が入って、翅の質感、脚の仕草も素晴らしい。
脇役のお花は、、ジャーマンなんとかの枯れかけでしょうか。

とし坊さんの恋句を拝見していると、良い恋をなさってきたのだなぁと思います。
人は、最終的には、預金通帳にいくら貯めたか、ではなく、心にどれだけ良い想い出を貯めたか、と思います。
Commented by to_shi_bo at 2017-08-22 10:04
★mariko789ちゃんへ

写真画像を評価して貰って嬉しいね。
これ、望遠レンズで撮ったんですが、このレンズには手ぶれ補正が
付いているんで助かります。

>ジャーマンなんとかの枯れかけでしょうか。
・・・ジャーマンアイリスですか?
この花はそうではありません。花まで確り見ていなかったね。

>”預金通帳にいくら貯めたか、ではなく、心にどれだけ良い想い出を貯めたか”
・・・この言葉恐れ入りました。心にずしんと響きました。
けだし名言です!!!
Commented by 桜姫 at 2017-08-23 15:06 x
 < 真向かえば瞳をとじるひと赤とんぼ

ふふふ!ご馳走様でした(^^♪拍手  このお句だったんですね(^^♪
一昨日熱海の来宮神社で、赤とんぼ観ました♪
お写真の様な拍手(^^♪真っ赤でした♪
Commented by to_shi_bo at 2017-08-23 15:36
★桜姫さんへ

そうですよ、この句の発端は桜姫さんの作品の感性を拝借致しました。

公園では赤蜻蛉をよく見かけるようになりましたが、今日もめちゃ暑です。
本格的な秋の到来が待ち遠しいです。
Commented by seroko4320 at 2017-08-26 21:46
照れてしまったのでしょうか。
それとも、にらめっこして負けそうになったのでしょうか。
多分、前者ですねー♪
Commented by to_shi_bo at 2017-08-27 10:35
★seroko4320さんへ

今振り返ってみると前者だと思います。
それとも嫌がられていたのかも~~~(笑