Fancy Photo plus

石榴:俳句


        裂けてなお微笑む石榴見つめ合う   to_shi_bo

          (さけてなお ほほえむざくろ みつめあう)




e0222616_10271394.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2017-11-06 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://toshiboa.exblog.jp/tb/26149035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 百合かがり at 2017-11-06 10:03 x
> 裂けてなお微笑む石榴見つめ合う   to_shi_bo
としぼうさん!おはようございます!
体調(腰痛)いかがですか?

「柘榴」の綺麗な色、照りを上手く撮影!されていて拍手です。
そしてお句 「裂けてなお・・・・・見つめ合う」
「見つめ合う」者同士の心内や表情までも想像してしまいました。         
Commented by to_shi_bo at 2017-11-06 10:25
★百合かがりさんへ

腰痛ね・・・相変わらず痛いのですよ。
もう痛くなってから半月が経ちますが、なかなか治らずに苦戦中です。
歳の性でしょうか。

石榴と見つめ合って、心や身体の傷に負けないように頑張らなければと
誓っています。

百合かがりさんに写真を褒められるなんて予想外の出来事!
自信になりますわ♪
Commented by 桜姫5 at 2017-11-06 16:28 x
 <  裂けてなお微笑む石榴見つめ合う

石榴が弾けると、笑ってる様に見えますが♪
「見つめ合う」がほのぼのとして良いですね(^^♪拍手

腰痛大変ですね!わらひは台風の中上京してから
歩くと膝が痛くて、隔日に電気治療に通ってます(汗
で、昨日の吟行は杖をついて!杖のお陰で痛みもなく
1万2千歩!歩いて来ました(笑
Commented by mariko789 at 2017-11-06 17:30
> 裂けてなお微笑む石榴見つめ合う   to_shi_bo 

検索して石榴の裂けたのを見たら、本当に笑っているように見えました。
(姫様の仰るとおり!)

笑いから遠ざかっている作者が、弾けた石榴を見つけた。
石榴は熟れすぎて裂けても、どうしてこんなに明るく笑っていられるのだろう。
よし! 僕もしょげてなんかいられるか。
笑う石榴と作者と、しばし顔を見合わせている。
いつしか作者の頬にも微笑みが浮かんできた。

お写真の真っ赤な石榴は、今にも笑いそうでウズウズしているようです♪
Commented by to_shi_bo at 2017-11-07 10:19
★桜姫さんへ

石榴と見つめ合って心和ませました~~~(笑

桜姫さん、杖をついて1万2千歩ですか。
凄いですね。
杖をつくことさえ苦労されている人が居ますが・・・。
膝の痛さの原因は関節の軟骨細胞の減少ですね。
「タマゴサミン」という通販限定の軟骨増殖の薬が人気ですが
検索「タマゴサミン」で調べられればいいかと思います。
Commented by to_shi_bo at 2017-11-07 10:21
★mariko789ちゃんへ

写真の石榴は自宅近くの公営団地内の庭園にあります。
残念ながらこの団地は無くなりそうで住人が殆ど居なくなりました。
今日も朝の散歩で庭園の横を通って石榴を見てきましたが
まだ三個ほど残っていて、ホッ!と心が安らぎました。

marikoちゃんの名鑑賞でこの駄作が秀作に思えてきました~~~(笑
石榴に励まされているとし坊の姿が彷彿とする名文です。
是非小説家か随筆家に推挙しま~す♪