Fancy Photo plus

蓮:俳句

        蓮の花 背に滲ませる父の香よ   to_shi_bo
          (はすのはな/せににじませる ちちのかよ)

        *蓮の花言葉:「清らかな心」「神聖」
        *「背」は写真の人ではなくとし坊自身の背です。



e0222616_16131487.jpg


[PR]
# by to_shi_bo | 2017-07-17 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

梅雨晴間:俳句

   
        誰ひとり来ないいちにち梅雨晴間   to_shi_bo
          (だれひとり こないいちにち/つゆはれま)


e0222616_169242.jpg


[PR]
# by to_shi_bo | 2017-07-10 00:00 | その他 | Trackback | Comments(12)

花菖蒲:俳句


        瞳を閉じるそれがお返事花菖蒲   とし坊
           (めをとじる それがおへんじ/はなしょうぶ)

        花菖蒲の花言葉:「あなたを信じる」・「優しい心」

        嗚呼、嘗ての”芦屋夫人”の素振りを思い出しての一作です。
        写真の菖蒲園(尼崎農業公園)は過去に師・伊丹三樹彦夫妻と芦屋夫人の
        四人で訪れたところです。



e0222616_1623179.jpg


[PR]
# by to_shi_bo | 2017-07-03 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

額紫陽花:俳句


        磨かれし昇進の靴額紫陽花   とし坊
          (みがかれし しょうしんのくつ/がくあじさい)

        ・額紫陽花の花言葉=謙虚


        額紫陽花
e0222616_15451670.jpg


[PR]
# by to_shi_bo | 2017-06-26 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)

梅雨曇り:俳句

        背でものを言って去りゆく 梅雨曇り   to_shi_bo
          (せでものを いってさりゆく/つゆぐもり)


e0222616_16144699.jpg


       *このひと(女)が持っている先端の白い傘がとし坊のものですが自分のと二本とも持って行ってしまった。
        「おいおい、我が輩の傘を置いていってくれよね。雨が降り出せばどうすればいいのさ!」
[PR]
# by to_shi_bo | 2017-06-19 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)