Fancy Photo plus

カテゴリ:花・植物( 208 )

河津桜:俳句

        さくらさくら命温めてもらいをり   to_shi_bo
         (さくらさくら いのちぬくめて もらいおり)

        *写真は自宅近くの公園で満開を迎えた河津桜です。(3月8日撮影)



e0222616_13325498.jpg







e0222616_13332019.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(4)

葉牡丹:俳句


        葉牡丹に胸中の渦写り込む   to_shi_bo
           (はぼたんに きょうちゅうのうず うつりこむ)


        (1)
e0222616_10502688.jpg








        (2)
e0222616_1051194.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-29 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

椿:俳句

        椿咲くたびに昭和の遠離る   to_shi_bo
         (つばきさく たびにしょうわの とおざかる)


        *季節の移り変わりは当然なんですが、その度に
          どんどん昭和が遠離るような気になってくる昨今です。
          ・・・ちょっとオセンチムードのto_shi_boでした。


        (1)
e0222616_1619650.jpg

 
  





        (2)
e0222616_16194419.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-23 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(10)

雪雲:俳句


        雪雲を素知らぬ顔の蕾かな   to_shi_bo
            (ゆきぐもを そしらぬかおの つぼみかな)


        白木蓮の蕾
e0222616_10174521.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-01-25 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

秋薔薇:俳句

       秋薔薇横隔膜で泣く癖が   to_shi_bo
               (あきそうび/おおかくまくで なくくせが)

       *横隔膜=哺乳類の胸腔と腹腔とを仕切る横紋筋性の膜。
        その収縮・弛緩 により呼吸作用を行う。

       *妻が元気なときは薔薇と牡丹とダリアが大好きでした。
        薔薇を見るとそんな妻を思い出します。
        男が泣くときは涙は見せません。密かに横隔膜を揺すって泣き、顔は笑っています。



       (1)
e0222616_1663577.jpg








       (2)
e0222616_1671625.jpg










       (3)
e0222616_1674614.jpg

[PR]
by to_shi_bo | 2015-11-08 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(12)

秋時雨:俳句


        花びらの心乱るる秋時雨   to_shi_bo
              (はなびらの こころみだるる/あきしぐれ)

       *妻が入院する前に造っていた花壇に先日パンジーを植えました。
        寒さに強い花なので来春まで咲いてくれることを祈っています。




       (1)パンジー1
e0222616_16124072.jpg








       (2)パンジー2
e0222616_16132862.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-11-03 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

銀木犀:俳句


       銀木犀おんなかすかに波打てり   to_shi_bo
            (ぎんもくせい おんなかすかに なみうてり)

       *我が家の庭に咲いた銀木犀です。近所の若奥様が(と言っても40歳代ですが)
        花に寄って「良い香りですね」と胸をときめかせて居られる様子を詠んだものです。
        変な解釈はしないように~~~(笑


e0222616_10304152.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-27 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

秋桜(コスモス):俳句

       柔らかき訛りに出会ふ秋桜   to_shi_bo
        (やわらかき なまりにであふ/あきざくら)


       *出会ったのは「なにいうとぉ」という神戸訛りでした。今はあまり聞かなくなりましたが
        若い頃友人からよく聞かされました。標準語では「なにいっているんですか?」という
        意味になるのでしょう。



e0222616_15342844.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-15 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

笑み栗:俳句


       笑み栗や別々の道歩みをり   to_shi_bo
              (えみぐりや/べつべつのみち あゆみおり)

      笑み栗(季語)=毬が割れて栗の実が見えたもの。

      お馴染みの喫茶店で昨年も笑み栗を見て「笑み栗やママに秘め事二つ三つ」と
      詠んだことを思い出します。今年も馴染みのTさんが差し入れてくれましたので
      撮らせて戴きました。
      妻が入院してから1年8ヶ月が経ちました。
      to_shi_boの気分は落ち込んでいますが笑み栗を見習って明るく過ごしたいものです。


e0222616_15571080.jpg








e0222616_15574179.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-05 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

曼珠沙華(彼岸花):俳句

       トラブッて来ての頬杖曼珠沙華   to_shi_bo
             (とらぶって きてのほほづえ/まんじゅしゃげ)



       *曼珠沙華(彼岸花)の花言葉は「情熱」・「再会」・「あきらめ」・「悲しい思い出」などです。


       (1)
e0222616_1654124.jpg







       (2)
e0222616_16545694.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-09-21 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(11)