Fancy Photo plus

カテゴリ:街角スナップ( 24 )

枯枝:俳句


        枯枝を窓枠に嵌めカプチーノ   to_shi_bo
          (かれえだを まどわくにはめ かぷちーの)

        *実際に飲んだのはカプチーノでなくホットコーヒーでしたぁ~~~(笑



e0222616_10334034.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2017-01-31 00:00 | 街角スナップ | Comments(6)

風花:俳句


        ===演歌的俳句===
        風花や土塀の陰に恋仇   to_shi_bo
          (かざはなや/どべいのかげに こいがたき)


e0222616_1559034.jpg


         今回が本年最後のアップになります。
        コメントやご訪問頂いた方、本当に有難う御座いました。
        皆様、どうぞいいお年をお迎え下さい。

         新年のアップはいつからかめどは立っていませんが
        変わらぬご厚情をお願い致します。
[PR]
by to_shi_bo | 2016-12-27 00:00 | 街角スナップ | Comments(8)

孫:俳句

        小春日の孫の眩しさ一歩二歩   to_shi_bo
          (こはるびの まごのまぶしさ いっぽにほ)

        やはり”孫俳句”は甘くなりますね。ダメ元で~~~(笑
          12月3日で3歳になります。

        スマホ撮影
e0222616_1625444.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-11-23 00:00 | 街角スナップ | Comments(6)

初恋:俳句


        初恋や昭和の響く夏怒濤   to_shi_bo
          (はつこいや しょうわのひびく なつどとう)



        (1)
e0222616_15583467.jpg






        (2)
e0222616_1559233.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-13 00:00 | 街角スナップ | Comments(6)

春昼:俳句


        春昼のひと声力むこともなく   to_shi_bo
          (しゅんちゅうの ひとこえりきむ こともなく)

        なにごともゆったりと思える春の昼下がり
        若いママが娘さんとのんびりバトミントンをされていました。
        このゆったり感覚でto_shi_boも生活をしていきたいと思います。

e0222616_160166.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-15 00:00 | 街角スナップ | Comments(8)

氷雨・俳句


       ハナナス
e0222616_1620138.jpg



      木屋町の庇 氷雨の舞妓の赤   to_shi_bo
           (きやまちのひさし ひさめのまいこのあか)
[PR]
by to_shi_bo | 2014-12-13 16:24 | 街角スナップ | Comments(6)

走り星・俳句



                   豊満(携帯電話撮影)
e0222616_9431955.jpg



     唐突に愛しきメール走り星   to_shi_bo
          (とうとつに いとしきめーる はしりぼし)

     *走り星=流星(流れ星)
[PR]
by to_shi_bo | 2014-11-12 09:45 | 街角スナップ | Comments(6)

秋風:俳句



e0222616_9594537.jpg




     兄弟の隙間を抜ける秋の風   to_shi_bo
         (きょうだいの すきまをぬける あきのかぜ)

 仲良しの兄弟にも時には隙間風が吹くときがあるようです。弟は半泣きしながらボードを抱えて退散していきました~~~!隙間風が幸い秋風だったので兄弟愛もすぐに戻ることでしょう。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-09-13 00:00 | 街角スナップ

冬に入る・俳句

                   (1)
e0222616_9394781.jpg







      (2)
e0222616_9401450.jpg




     忍び寄る孤独 ひたひた 冬に入る   to_shi_bo

        (しのびよるこどく ひたひた ふゆにいる)


 *俳句をしている人であれば「冬に入る」は「立冬」と解釈されるでしょうが、一般の人は
  「いよいよ厳しい寒さの冬が来たのか」と考えられるでしょう。この句はその一般の人の
  解釈を優先させてもらいたい、と考えています。
[PR]
by to_shi_bo | 2012-12-09 00:00 | 街角スナップ | Comments(11)

秋日和・俳句


      (10/15撮影分)
e0222616_9541075.jpg




     転んでも一途な瞳秋うらら   to_shi_bo

        (ころんでも いちずなひとみ あきうらら)

 僕も転んでおります。「一途な瞳」を見習いたいですね。
 コメント欄は閉じております。ご了承を!
[PR]
by to_shi_bo | 2012-11-03 00:00 | 街角スナップ