Fancy Photo plus

<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

飛行機の流し撮り

 <お知らせ>
 健康上の理由で暫く当ブログの更新を休止致しますが、再開の節は今まで通りよろしくお願いします。




 6/24(日)の夕刻から伊丹スカイパークへ行ってきました。勿論、伊丹空港を発着する飛行機撮影です。長らく流し撮りをしていなかったのでそのコツを忘れないようにSS:1/25でチャレンジして来ました。



      (1)伊丹スカイパークから空港のターミナルを遠望
e0222616_13391460.jpg



飛行機の流し撮りは More  からご覧下さい。

More
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-27 00:00 | 空港・飛行機 | Trackback | Comments(14)

ブラシ & 刷毛



      (1)ブラシノキ
e0222616_1484572.jpg









      (2)ネムノキⅠ
e0222616_1493598.jpg









      (3)ネムノキⅡ(花は風に揺らいでいます)
e0222616_14101615.jpg



 先日ブラシノキを見ましたが咲いた花の形はブラシそのもでした。
 ネムノキは独特の優しさと繊細さを持っています。花の形は化粧用の刷毛によく似ています。
 
 ・刷毛揃へゐて天を掃く合歓の花   阿波野青畝

 この句はズバリ”刷毛”とみなしています。そしてその刷毛が天を掃いているのです。ますます澄み渡った青空が広がっていきます。これは青空の化粧のようでもありますね。


 <美智子皇后が作られたかの有名な「ねむの木の子守歌」を紹介しておきます>  

 ねんねの ねむの木 眠りの木

 そっとゆすった その枝に

 遠い昔の 夜(よ)の調べ

 ねんねの ねむの木 子守歌

 薄紅(うすくれない)の 花の咲く

 ねむの木蔭(こかげ)で ふと聞いた

 小さなささやき ねむの声

 ねんね ねんねと 歌ってた

 今日も歌って いるでしょか

 あの日の夜(よる)の ささやきを

 ねむの木 ねんねの木 子守歌

[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-26 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

関電・大飯原発再稼働



      (1)
e0222616_17245296.jpg

 先日公園で緑のカーテンで被われた遊歩道を歩きました。マイナスイオンがいっぱいで身も心も洗われた気持ちなりました。







      (2)
e0222616_17254686.jpg

 (1)で身体に染みこんだマイナスイオンが逃げ出して、残ったのはもやもやとした気持ちだけでした。
 その原因は関西電力・大飯原発再稼働のニュースでした。昨年3月11日に起きた東電の福島第一原発事故は一体なにだったのでしょうか?
 その感想を克明に記事にしている友人のブログ ほんちゃんの日記 をご紹介します。この記事を読んで、皆さんはどんな感想をお持ちになりましたか?
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-23 00:00 | ニュース | Trackback | Comments(10)

アリウム・ギガンチウム


 ちょっと珍しい花を紹介しましょう!
 その名は「アリウム・ギガンチウム」です。
 え!ご存知でしたか?それは大変失礼いたしました。

 自宅近くの公園にも咲いているのですが、大きさや形の良さが今日の写真のものが一番です。咲いていた場所は”宝塚ガーデンフィールズ”でした。
 よ~く見ると葱に似ていますので「花葱」という別名を持っています。
 花言葉は”正しい主張!”です。その姿形から「やっぱりそうか!」と思ってしまいました。



       (1)
e0222616_2223159.jpg









      (2)
e0222616_223879.jpg









      (3)
e0222616_2234314.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-21 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(12)

俳句・日野草城


e0222616_1983316.jpg



ミヤコ ホテル連作:日野草城(昭和9年・句集「昨日の花」より)

けふよりの妻と泊るや宵の春

春の宵なほをとめなる妻と居り

枕辺の春の灯は妻が消しぬ

をみなとはかかるものかも春の闇

薔薇匂ふはじめての夜のしらみつつ

妻の額に春の曙はやかりき

うららかな朝の焼麵麭(トースト)はづかしく

湯あがりの素顔したしも春の昼

永き日や相触れし手は触れしまま

うしなひしものをおもへり花ぐもり

[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-19 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(10)

両生類&爬虫類&昆虫くん、こんにちは!


     昆虫や爬虫類が苦手な方はスルーして下さ~い!



      (1)
e0222616_20334020.jpg

 数年前から絶滅危惧種に指定されているメダカを飼っています。いま、産卵、孵化の時期なんですがその孵化用の水槽の縁に雨蛙(両生類)が鎮座しておりました。マクロレンズで近づいても中々逃げない可愛い子でした。







      (2)
e0222616_20345717.jpg

 先日撮影で出向いた宝塚ガーデンフィールズの英国風庭園内で出会ったトカゲ君(爬虫類)です。なかなか逃げ足の素早い奴でやっと一枚だけ撮ることが出来ました。







      (3)
e0222616_20354766.jpg

 これも(3)同様に宝塚ガーデンフィールズで出会いました。宝塚らしいセアノサス・ベルサイユの細かい紫色の花に止まっていたアオハナムグリ(昆虫)です。掌にのせても刺したり噛んだりしない温和しい昆虫です。出会っても「怖い!」といって逃げないように~~~(笑







               (4)
e0222616_20371232.jpg

 西宮の北山緑化植物園での熊蜂君(昆虫)です。相変わらず黒い身体に黄色の綿毛を羽織って暑くないんでしょうか?
 この花はよく目にするんですが失念中。思い出せば書き込みます。
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-15 00:00 | 昆虫・鳥類 | Trackback | Comments(16)

花菖蒲

                (1)
e0222616_20311336.jpg









      (2)
e0222616_20315641.jpg









      (3)
e0222616_20322383.jpg



      花菖蒲 舌ひるがえす誰や彼や   伊丹三樹彦


 ご希望の方は、伊丹三樹彦の句に対する輪講(「青玄」掲載)をMoreからご覧下さい。
 輪講者の利治はto_shi_boです。
 尚、輪講に対するコメントは不要です。

More
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-13 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(10)

ヒマラヤの青いケシ

================================================================
 チベットなど標高3000メートルの高山帯に自生するケシの仲間「メコノプシス・ペトニキフォリア」が、神戸市灘区の六甲高山植物園で見ごろを迎えた。
 多年草で1本の茎に3~7個、晴れた空を映すような青い花を咲かせる。1990年の大阪花博で日本で初めて展示され、「ヒマラヤの青いケシ」として人気を呼んだ。
 同園では約40株を栽培しているが、昨年は生育状況が悪く花をつけなかったため、2年ぶりの開花。薄い花びらが初夏の風にひらひらとなびく様子は涼感たっぷりで、来園者らは足を止め見入っていた。
(2012/05/28の神戸新聞より)

================================================================


          (1)
e0222616_1824354.jpg









          (2)
e0222616_18243644.jpg









          (3)
e0222616_1825374.jpg









          (4)
e0222616_18253140.jpg




 2012/6/8(金)に六甲高山植物園の「ヒマラヤの青いケシ」を見に行ってきました。ブログ友・みなみさんより綺麗に咲いていますよとの情報を得ていましたが、時間がなくやっとの思いで出掛ける事が出来ました。
 (1)、(2)は長年の夢が叶ってカメラにたくさん収めた内の二枚です。
 (3)はプリンスブリッジを渡るコンデジ派の芦屋夫人。暈かして撮りましたので随分若く写っています。写真って恐ろしい~~~(笑
 (4)当日は近畿地方が梅雨入りでした。ランチ前に慌てて「ヒマラヤの青いケシ」の写真を撮り、公園出入口の山小屋風レストランへ入った途端に猛烈な霧雨が・・・。

[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(14)

楽器のモニュメント



               (1)
e0222616_16593621.jpg









      (2)
e0222616_1703183.jpg


 歌劇の街の玄関口・阪急宝塚駅北側に、いくつもの楽器が積み重なったようなデザインの奇妙なモニュメントがあります。チェロ、バイオリン、ピアノ、トランペット・・・等々。
 フランスの彫刻家による高さ約10メートルの大作で、市民の寄贈を受け、1995年に設置されたものです。駅周辺の芸術を表彰する「日本の鉄道・パブリックアート大賞」の優秀賞にも輝いています。
 層をなす楽器の数々が、100年近い歌劇の歴史と名演を思い起こさせます。
(一部讀賣新聞「はんしん百景」より抜粋しました)







                
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-09 00:00 | 街角スナップ | Trackback | Comments(8)

宝塚大劇場


      (1)
e0222616_2353915.jpg


 宝塚ガーデンフィールズを出て阪急電車今津線の宝塚南口駅方面を目指すと武庫川にかかる宝塚大橋に出ます。その橋上から歌劇の殿堂「宝塚大劇場」を眺めたところです。100年近い歴史と伝統を誇るエレガントで西洋風のお城を彷彿とさせる劇場ですね。
 小豆色の電車の走っている阪急今津線の西宮北口駅~宝塚駅を舞台にした「阪急電車」という映画が先般大ヒットしました。大劇場をバックにその電車がよく似合っています。







                (2)
e0222616_2364473.jpg


 宝塚大橋の橋上にある彫刻作品です。光景にとってもよくマッチした彫刻だと思うのですが、僕の記憶では一時社会問題になりました。「男の掌で女がもてあそばれている」として地元の婦人団体からクレームが付いたのです。その後のいきさつは把握していませんが、歴然と橋上に存在しています。宝塚を象徴する芸術性の高い素晴らしい光景だと思います。







      (3)
e0222616_2374080.jpg


 宝塚大劇場をかの有名な「花の道」から眺めたところです。新緑とエレガントな外観がとってもいいコラボを見せていました。手前のラベンダーも可愛いですね!
[PR]
by to_shi_bo | 2012-06-07 00:00 | 街角スナップ | Trackback | Comments(18)