Fancy Photo plus

タグ:人生 ( 175 ) タグの人気記事

紫陽花:俳句

        歓びの吐息のごとし七変化   to_shi_bo
          (よろこびの といきのごとし しちへんげ)


        (1)アジサイ
e0222616_16222465.jpg







        (2)ガクアジサイ
e0222616_1623966.jpg








        (3)カシワバアジサイ
e0222616_1623521.jpg



        生きるとは病むことなりや七変化   橋本真砂子
          (いきるとは やむことなりや しちへんげ)
 
 
 
 
 
[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-07 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

夏帽子:俳句


        亡き兄の杖にかけ置く夏帽子   to_shi_bo
          (なきあにの つえにかけおく なつぼうし)

        亡き兄を偲んで・・・
        写真と句は無関係の関係です。

 

       ラナンキュラス(?)
e0222616_15495354.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-01 00:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

蒲公英の絮:俳句


        蒲公英の絮吹き飛ばす昭和散る   to_shi_bo
          (たんぽぽの わたふきとばす しょうわちる)

        う~ん、平成も28年ですか。
        昭和が蒲公英の絮が飛び散るように遠ざかっていきます。


        (1)蒲公英
e0222616_1027566.jpg







        (2)蒲公英の絮
e0222616_1029230.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-05-17 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

木の芽風:俳句


        奢りなき歩みを返す木の芽風   to_shi_bo
          (おごりなき あゆみをかえす このめかぜ)





        (1)
e0222616_10201894.jpg







        (2)
e0222616_10205184.jpg




        <追記1>
        妻が庭に植えていた牡丹の花が二輪咲きました。
        昨年は七輪咲いたのですが~~~。
        肥料もやらず放置していたからでしょうか?

        <追記2>
        先日来腰痛で苦しんでいましたが、通院検査の結果
        前立腺癌の転移無しと言われました。
        ああ、ひと安心です。
[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-25 00:00 | その他 | Trackback | Comments(10)

チューリップ:俳句

        打首を待つ一列のチューリップ   to_shi_bo
          (うちくびをまつ いちれつのちゅーりっぷ)
   
        祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
        沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
        おごれる人も久しからず。
        ただ春の夜の夢のごとし。
        たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。
                                (「平家物語」より)


        (1)
e0222616_15574623.jpg







        (2)
e0222616_1558227.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-19 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

花衣:俳句

        目をつむるほかに術なし花衣   to_shi_bo
          (めをつむる ほかにすべなし はなごろも)

        花衣(季語)=花見の時の女性の衣服。

        妻が元気なときにはよく花見にいきました。
        今やその術は無く目を瞑るのみとなってしまいました。


e0222616_113871.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

花吹雪:俳句

        孤独死のニュースながれる 花吹雪   to_shi_bo
            (こどくしの にゅーすながれる/はなふぶき)    

        *阪神大震災や東日本大震災後の独り住まいの高齢者の方が
         孤独死されたニュースを聞くたびに悲壮感が漂います。
         それに引き替え桜は潔く華やかに散って花筏になって流れていきます。


                (1)
e0222616_15291419.jpg






        (2)
e0222616_15301068.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-07 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

春の鳥:俳句


        春の鳥少子の街の光かな   to_shi_bo
          (はるのとり/しょうしのまちの ひかりかな)

        *我が街もご多分に漏れず少子高齢化が進んでいます。
         街の小さな公園には子供の姿は無く、小鳥が飛びまわっていました。
         小鳥に夢を託したい気持ちになりました。


e0222616_104609.jpg









e0222616_10463056.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-29 00:00 | 昆虫・鳥類 | Trackback | Comments(10)

春昼:俳句


        春昼のひと声力むこともなく   to_shi_bo
          (しゅんちゅうの ひとこえりきむ こともなく)

        なにごともゆったりと思える春の昼下がり
        若いママが娘さんとのんびりバトミントンをされていました。
        このゆったり感覚でto_shi_boも生活をしていきたいと思います。

e0222616_160166.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-15 00:00 | 街角スナップ | Trackback | Comments(8)

河津桜:俳句

        さくらさくら命温めてもらいをり   to_shi_bo
         (さくらさくら いのちぬくめて もらいおり)

        *写真は自宅近くの公園で満開を迎えた河津桜です。(3月8日撮影)



e0222616_13325498.jpg







e0222616_13332019.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-03-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(4)