Fancy Photo plus

タグ:人生 ( 179 ) タグの人気記事

落蝉:俳句

        落蝉を看れば嗚咽の僕だった   to_shi_bo
          (おちぜみを みればおえつの ぼくだった)


e0222616_1612087.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-08-02 00:00 | 昆虫・鳥類 | Trackback | Comments(6)

蝉時雨:俳句


        取り敢えず俺を通せよ蝉時雨   to_shi_bo
          (とりあえず おれをとおせよ せみしぐれ)

        人生の後期を迎えたto_shi_boの往く手を蝉時雨までが邪魔をするとは~~~(笑



e0222616_1141221.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-07-28 00:00 | 昆虫・鳥類 | Trackback | Comments(6)

手花火:俳句

        手花火の煙にむせぶ昭和かな   to_shi_bo
          (てはなびの けむりにむせぶ しょうわかな)


        スモークツリー
e0222616_16333737.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-07-05 00:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

初恋:俳句


        初恋や昭和の響く夏怒濤   to_shi_bo
          (はつこいや しょうわのひびく なつどとう)



        (1)
e0222616_15583467.jpg






        (2)
e0222616_1559233.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-13 00:00 | 街角スナップ | Trackback | Comments(6)

紫陽花:俳句

        歓びの吐息のごとし七変化   to_shi_bo
          (よろこびの といきのごとし しちへんげ)


        (1)アジサイ
e0222616_16222465.jpg







        (2)ガクアジサイ
e0222616_1623966.jpg








        (3)カシワバアジサイ
e0222616_1623521.jpg



        生きるとは病むことなりや七変化   橋本真砂子
          (いきるとは やむことなりや しちへんげ)
 
 
 
 
 
[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-07 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

夏帽子:俳句


        亡き兄の杖にかけ置く夏帽子   to_shi_bo
          (なきあにの つえにかけおく なつぼうし)

        亡き兄を偲んで・・・
        写真と句は無関係の関係です。

 

       ラナンキュラス(?)
e0222616_15495354.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-06-01 00:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

蒲公英の絮:俳句


        蒲公英の絮吹き飛ばす昭和散る   to_shi_bo
          (たんぽぽの わたふきとばす しょうわちる)

        う~ん、平成も28年ですか。
        昭和が蒲公英の絮が飛び散るように遠ざかっていきます。


        (1)蒲公英
e0222616_1027566.jpg







        (2)蒲公英の絮
e0222616_1029230.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-05-17 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

木の芽風:俳句


        奢りなき歩みを返す木の芽風   to_shi_bo
          (おごりなき あゆみをかえす このめかぜ)





        (1)
e0222616_10201894.jpg







        (2)
e0222616_10205184.jpg




        <追記1>
        妻が庭に植えていた牡丹の花が二輪咲きました。
        昨年は七輪咲いたのですが~~~。
        肥料もやらず放置していたからでしょうか?

        <追記2>
        先日来腰痛で苦しんでいましたが、通院検査の結果
        前立腺癌の転移無しと言われました。
        ああ、ひと安心です。
[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-25 00:00 | その他 | Trackback | Comments(10)

チューリップ:俳句

        打首を待つ一列のチューリップ   to_shi_bo
          (うちくびをまつ いちれつのちゅーりっぷ)
   
        祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
        沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
        おごれる人も久しからず。
        ただ春の夜の夢のごとし。
        たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。
                                (「平家物語」より)


        (1)
e0222616_15574623.jpg







        (2)
e0222616_1558227.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-19 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

花衣:俳句

        目をつむるほかに術なし花衣   to_shi_bo
          (めをつむる ほかにすべなし はなごろも)

        花衣(季語)=花見の時の女性の衣服。

        妻が元気なときにはよく花見にいきました。
        今やその術は無く目を瞑るのみとなってしまいました。


e0222616_113871.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-04-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)