Fancy Photo plus

タグ:公園 ( 112 ) タグの人気記事

蒲の穂・俳句



      (1)
e0222616_10461069.jpg


     蒲の穂や瞳のひかるひとと居る   to_shi_bo
       (がまのほや ひとみのひかる ひとといる)





      (2)
e0222616_10473824.jpg


     蒲の穂はフランクフルト夕日差す   to_shi_bo
        (がまのほは ふらんくふると ゆうひさす)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-11-17 00:00 | 花・植物 | Comments(12)

コスモス(秋桜)・俳句



      (1)
e0222616_1683423.jpg


     ささやかに君と触れ合ふ秋桜   to_shi_bo
        (ささやかに きみとふれあう あきざくら)





      (2)
e0222616_169393.jpg


     後出しのチョキで傷つく秋桜   to_shi_bo
        (あとだしの ちょきできずつく あきざくら)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-11-11 00:00 | 花・植物 | Comments(8)

虫の秋:俳句


      (1)チャバネセセリと小さな昆虫
e0222616_10273945.jpg







      (2)ホシホウジャク
e0222616_10281692.jpg



     ドクターの刺さる一言 虫の秋   to_shi_bo
        (どくたーの ささるひとこと むしのあき)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-19 00:00 | 昆虫・鳥類 | Comments(14)

秋茜(赤蜻蛉)・俳句



e0222616_10391611.jpg



     軽快に車椅子行く秋茜   to_shi_bo
        (けいかいに くるまいすゆく あきあかね)

 この赤とんぼは西宮市北山緑化植物園で10/10(木)に撮ったものです。チョット早すぎました。二匹の赤とんぼを発見しましたが何れも小蘭亭という建物を取り囲む池の縁で、無粋にもコンクリートの上という悪条件。真っ赤にはほど遠い体色で、これは再挑戦が必要ですね。
 車椅子の方が嬉しそうに池を覗かれていました。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-15 00:00 | 昆虫・鳥類 | Comments(8)

秋の蜂・俳句

      (1)
e0222616_10205113.jpg







      (2)
e0222616_10212286.jpg



      秋の蜂予後に余力を感じをり   to_shi_bo
         (あきのはち よごによりょくを かんじおり)

*先日(10/10)西宮市北山緑化植物園へ撮影に行ってきました。その時の写真ですがこの蜂はどう見てもクマンバチですね。春の藤が咲く頃によく見かけるのですが、この日は真夏日だったもので季節を間違えて花の蜜や花粉を求めて巣から飛び出してきたのでしょうか?目撃したのは一匹でしたが花から花へと飛び回っていました。
 (2)の写真は葉っぱに止まっているんではなく飛翔中で~す。ピン合わせが難しいですよ!
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-13 00:00 | 昆虫・鳥類 | Comments(12)

雁渡し・俳句



e0222616_874044.jpg



     君も又異端の系譜雁渡し   to_shi_bo
        (きみもまた いたんのけいふ かりわたし)

*「雁渡し」(季語):初秋から仲秋にかけて吹く北風。爽やかではありますが厳しい冬の到来を予感させます。明日(10/12)頃から雁渡しを実感出来そうですね。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-11 08:09 | 自然風景

花菖蒲・俳句



      (1)
e0222616_13541211.jpg







      (2)
e0222616_13543799.jpg







      (3)
e0222616_1354573.jpg






   師の声のことに優しき花菖蒲   to_shi_bo

      (しのこえの ことにやさしき はなしょうぶ)


 俳句結社に所属していた頃、代表者(主幹)ご夫妻を芦屋夫人共々ご案内したのがこの菖蒲園でした。花菖蒲を目前にした代表者(主幹)の声色が別人のような繊細さに変わったのを思い出しています。そうです、もう10年以上も昔のことなってしまいました。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-06-11 00:00 | 花・植物 | Comments(14)

カンパニュラ・俳句




                 
e0222616_10164886.jpg




          胸中に一灯欲しやカンパニュラ   to_shi_bo

             (きょうちゅうに いっとうほしや かんぱにゅら)

 この花、通常は「釣鐘草」と呼んでいたのですが歳時記には「提灯草」「風鈴草」「蛍袋」と同種と書かれていました。釣鐘草はやや下向きに咲くと思っていましたが太陽に向かって咲く品種もあるのですね。ある知人に言わせると「カンパニュラという品種は上向きにさきますよ」という事らしいのですが、真実は不明~~~(笑
[PR]
by to_shi_bo | 2013-06-03 10:20 | 花・植物 | Comments(12)

薔薇・俳句



      (1)
e0222616_192571.jpg







      (2)
e0222616_1932494.jpg







      (3)
e0222616_1934697.jpg





     果たし得ぬ約束ひとつ紅薔薇   to_shi_bo

        (はたしえぬ やくそくひとつ べにそうび)

  *これは紅薔薇のようなひととの約束と解釈して頂ければ有り難いです~~~(笑
[PR]
by to_shi_bo | 2013-05-29 00:00 | 花・植物 | Comments(10)

風光る・俳句



      (1)
e0222616_11363519.jpg








      (2)
e0222616_11370100.jpg






     ひとことの孫のメールや風光る   to_shi_bo

        (ひとことの まごのめーるや かぜひかる)

*先日小学2年生の孫にあるものをプレゼントすると「どうもありがとう」というひとことだけのメー ルが入ってきました。それでも精一杯努力した蹟が見てとれました。
「風光る」の季語に爺の心境を象徴させたのですが・・・

*「風光る」(季語):春の陽光の下、吹きわたる風まで光っているように感じられること。(「現代俳句歳時記」より)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-05-09 00:00 | その他 | Comments(8)