Fancy Photo plus

タグ:公園 ( 117 ) タグの人気記事

雁渡し・俳句



e0222616_874044.jpg



     君も又異端の系譜雁渡し   to_shi_bo
        (きみもまた いたんのけいふ かりわたし)

*「雁渡し」(季語):初秋から仲秋にかけて吹く北風。爽やかではありますが厳しい冬の到来を予感させます。明日(10/12)頃から雁渡しを実感出来そうですね。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-10-11 08:09 | 自然風景 | Trackback

花菖蒲・俳句



      (1)
e0222616_13541211.jpg







      (2)
e0222616_13543799.jpg







      (3)
e0222616_1354573.jpg






   師の声のことに優しき花菖蒲   to_shi_bo

      (しのこえの ことにやさしき はなしょうぶ)


 俳句結社に所属していた頃、代表者(主幹)ご夫妻を芦屋夫人共々ご案内したのがこの菖蒲園でした。花菖蒲を目前にした代表者(主幹)の声色が別人のような繊細さに変わったのを思い出しています。そうです、もう10年以上も昔のことなってしまいました。
[PR]
by to_shi_bo | 2013-06-11 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(14)

カンパニュラ・俳句




                 
e0222616_10164886.jpg




          胸中に一灯欲しやカンパニュラ   to_shi_bo

             (きょうちゅうに いっとうほしや かんぱにゅら)

 この花、通常は「釣鐘草」と呼んでいたのですが歳時記には「提灯草」「風鈴草」「蛍袋」と同種と書かれていました。釣鐘草はやや下向きに咲くと思っていましたが太陽に向かって咲く品種もあるのですね。ある知人に言わせると「カンパニュラという品種は上向きにさきますよ」という事らしいのですが、真実は不明~~~(笑
[PR]
by to_shi_bo | 2013-06-03 10:20 | 花・植物 | Trackback | Comments(12)

薔薇・俳句



      (1)
e0222616_192571.jpg







      (2)
e0222616_1932494.jpg







      (3)
e0222616_1934697.jpg





     果たし得ぬ約束ひとつ紅薔薇   to_shi_bo

        (はたしえぬ やくそくひとつ べにそうび)

  *これは紅薔薇のようなひととの約束と解釈して頂ければ有り難いです~~~(笑
[PR]
by to_shi_bo | 2013-05-29 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(10)

風光る・俳句



      (1)
e0222616_11363519.jpg








      (2)
e0222616_11370100.jpg






     ひとことの孫のメールや風光る   to_shi_bo

        (ひとことの まごのめーるや かぜひかる)

*先日小学2年生の孫にあるものをプレゼントすると「どうもありがとう」というひとことだけのメー ルが入ってきました。それでも精一杯努力した蹟が見てとれました。
「風光る」の季語に爺の心境を象徴させたのですが・・・

*「風光る」(季語):春の陽光の下、吹きわたる風まで光っているように感じられること。(「現代俳句歳時記」より)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-05-09 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)

凧揚げ・俳句




e0222616_15544586.jpg






     凧揚げる二三の夢を手繰るごと   to_shi_bo

        (たこあげる にさんのゆめを たぐるごと)
[PR]
by to_shi_bo | 2013-01-05 00:00 | 自然風景 | Trackback | Comments(12)

冬に入る・俳句

                   (1)
e0222616_9394781.jpg







      (2)
e0222616_9401450.jpg




     忍び寄る孤独 ひたひた 冬に入る   to_shi_bo

        (しのびよるこどく ひたひた ふゆにいる)


 *俳句をしている人であれば「冬に入る」は「立冬」と解釈されるでしょうが、一般の人は
  「いよいよ厳しい寒さの冬が来たのか」と考えられるでしょう。この句はその一般の人の
  解釈を優先させてもらいたい、と考えています。
[PR]
by to_shi_bo | 2012-12-09 00:00 | 街角スナップ | Trackback | Comments(11)

落葉・俳句


e0222616_10534315.jpg




     落葉道背なが呟くおやじギャグ   to_shi_bo

        (おちばみち せながつぶやく おやじぎゃぐ)
[PR]
by to_shi_bo | 2012-11-27 00:00 | 自然風景 | Trackback | Comments(10)

二度咲き(帰り花)・俳句



      (水鏡)
e0222616_9594250.jpg





     二度咲きや逆さに映る己が影   to_shi_bo

          (にどざきや さかさにうつる おのがかげ)

*己が二度咲くことが出来るだろうかという不安との戦いの毎日です。
[PR]
by to_shi_bo | 2012-11-25 00:00 | 自然風景 | Trackback | Comments(10)

秋日和・俳句


      (10/15撮影分)
e0222616_9541075.jpg




     転んでも一途な瞳秋うらら   to_shi_bo

        (ころんでも いちずなひとみ あきうらら)

 僕も転んでおります。「一途な瞳」を見習いたいですね。
 コメント欄は閉じております。ご了承を!
[PR]
by to_shi_bo | 2012-11-03 00:00 | 街角スナップ | Trackback