Fancy Photo plus

タグ:花 ( 133 ) タグの人気記事

葉牡丹:俳句


        葉牡丹に胸中の渦写り込む   to_shi_bo
           (はぼたんに きょうちゅうのうず うつりこむ)


        (1)
e0222616_10502688.jpg








        (2)
e0222616_1051194.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-29 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

椿:俳句

        椿咲くたびに昭和の遠離る   to_shi_bo
         (つばきさく たびにしょうわの とおざかる)


        *季節の移り変わりは当然なんですが、その度に
          どんどん昭和が遠離るような気になってくる昨今です。
          ・・・ちょっとオセンチムードのto_shi_boでした。


        (1)
e0222616_1619650.jpg

 
  





        (2)
e0222616_16194419.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-23 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(10)

日脚伸びる:俳句


        躓ゐて我に返りぬ日脚伸ぶ   to_shi_bo
            (つまづいて われにかえりぬ/ひあしのぶ)

        *考え事をして歩いていました~~~。

        早咲き菜花の散歩道(蔵出し)
e0222616_1636980.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-12 00:00 | 自然風景 | Trackback | Comments(6)

春動く:俳句

        遠ざかる心と心春動く   to_shi_bo
         (とおざかる こころとこころ/はるうごく)

        春動く(冬の季語)=目にする風物にも、肌に触れる空気にも春の気配を感じる意。


        (1)パンジー
e0222616_15434068.jpg





        (2)サクラソウ
e0222616_1554227.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-07 00:00 | その他 | Trackback | Comments(6)

春隣:俳句


        春隣メールで届く京言葉   to_shi_bo
            (はるとなり めーるでとどく きょうことば)

        *京都の知人からのメールに「どす」言葉が使われていました。
        *春隣(季語):春が隣まで来ているとの意。


e0222616_1032198.jpg



        あぁ、あぁ、あぁ 一病息災?実南天   to_shi_bo
            (ああ、ああ、ああ いちびょうそくさい? みなんてん)

        *僕も妻も「一病息災」ということばが当て嵌まるのだろうか?
[PR]
by to_shi_bo | 2016-02-01 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)

雪雲:俳句


        雪雲を素知らぬ顔の蕾かな   to_shi_bo
            (ゆきぐもを そしらぬかおの つぼみかな)


        白木蓮の蕾
e0222616_10174521.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2016-01-25 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

秋時雨:俳句


        花びらの心乱るる秋時雨   to_shi_bo
              (はなびらの こころみだるる/あきしぐれ)

       *妻が入院する前に造っていた花壇に先日パンジーを植えました。
        寒さに強い花なので来春まで咲いてくれることを祈っています。




       (1)パンジー1
e0222616_16124072.jpg








       (2)パンジー2
e0222616_16132862.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-11-03 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(6)

銀木犀:俳句


       銀木犀おんなかすかに波打てり   to_shi_bo
            (ぎんもくせい おんなかすかに なみうてり)

       *我が家の庭に咲いた銀木犀です。近所の若奥様が(と言っても40歳代ですが)
        花に寄って「良い香りですね」と胸をときめかせて居られる様子を詠んだものです。
        変な解釈はしないように~~~(笑


e0222616_10304152.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-27 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)

金木犀:俳句


       職歴の一片光る金木犀   to_shi_bo
             (しょくれきの いっぺんひかる/きんもくせい)



        (1)金木犀1
e0222616_15384519.jpg








       (2)金木犀2
e0222616_15393613.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-19 00:00 | その他 | Trackback | Comments(8)

秋桜(コスモス):俳句

       柔らかき訛りに出会ふ秋桜   to_shi_bo
        (やわらかき なまりにであふ/あきざくら)


       *出会ったのは「なにいうとぉ」という神戸訛りでした。今はあまり聞かなくなりましたが
        若い頃友人からよく聞かされました。標準語では「なにいっているんですか?」という
        意味になるのでしょう。



e0222616_15342844.jpg


[PR]
by to_shi_bo | 2015-10-15 00:00 | 花・植物 | Trackback | Comments(8)